ガサつき爪はうつるの!?

さらにガサつき爪の事を調べてみました。

ガサつき爪は、爪が白く濁ってしまつたり、黒く変色したり爪が分厚くなってしまったりしてしまう症状です。

皮膚の足裏の悩みの場合は、はやわらかい皮膚の中にいるため、塗り薬も浸透しやすく改善しやすいのですが、爪の場合は硬いので薬やクリームが浸透しにくく改善しにくいと言われています
また皮膚は28日前後で角質が剥がれ落ち、入れ替わると言われていますが、爪の場合は生え変わるのに通常3ヶ月、長くて6ヶ月かかると言われています。治療が長期にわたりますのでガサつき爪を改善させるのは、腰を据えてじっくりと取り組まないといけないと言えるでしょう。
悪化したガサつき爪は、爪の先から白い粉をまき散らします。ご家族など周りの人にうつらないように気を付けなければなりません。

 

ガサつき爪の主な症状は

爪が白く濁ってきます。
爪が分厚くなってきます。
爪の先から白い粉が落ちる。
爪の色が黄白色や黒や褐色の濁りとなることがあります。
爪がボロボロと崩れやすくなることもあります。
爪の表面に縦や横の筋がたくさんできます。
爪の周りに炎症が起こることがあります。

 

 

硬くて浸透しにくい爪に対して
独自の配合で、有効成分を爪の中にに届けるクリアネイルショットをお試しください。