爪水虫をクリアネイルショットで撃退!

クリアネイルショットは効かない?ホントにそうでしょうか?

 

ネットでは、クリアネイルショットは効かない!という記事を見かけます。
私自身は、トップページでもご紹介しているように効果は確実に出ています。では何故効かないという記事があるのでしょうか?

 

 

使い方を間違えている。

クリアネイルショットがいくら浸透力があると言っても好きな時に塗るのではなく、その効果を十分発揮させるには、お風呂上りの爪の表面が柔らかくなった時に使用しなければなりません。また、成分が薄くならないように、爪の部分の水分を完全に拭き取ってから規定量を塗らなければなりません。そのあたりを適当にやってしまうと、何か月たっても効果が見られないということになります。

 

爪が生え変わるまで待てない。

爪水虫の治療は、たとえお医者さんから処方された飲み薬であっても、爪が完全に生え変わるまで完治はしません。通常3ヶ月、長くて6ヶ月かかると言われています。クリアネイルショットも同じで、爪が生え変わるまではじっくりと腰を据えて続けなければなりません。この時間が待てない人は、効果がないと思うのかもしれません。

 

清潔にしていない。

これは、そもそも論ですが、クリアネイルショットだけ塗っていれば、治ると思われている方は、あまり効果が望めないと思います。いつも清潔にしたり通気性の良い靴を履いたりの心がけと実践は、しないとダメだと思います。

 

足全体が水虫。

クリアネイルショットは爪水虫専用ですので、爪だけでなく足全体が水虫ならば、皮膚用の水虫対策を併用しないと、白癬菌がどんどん供給されて、どうどう巡りになってしまいます。
▼この記事も参考にしてください▼

 

と言うことだと思います。100%すべての人に効果があるとは言えないのも事実ですが、私にはなぜクリアネイルショットが爪水虫に効かないと言われている方は、上記の事しか思い当たりません。

 

▼▼本気で「爪水虫」を改善したい人限定!▼▼